HOME > 会社概要 > 運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

平成18年10月1日より法律改正により運輸安全マネジメントの導入が義務付けられました。
社長、管理者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
また、現場における安全に関する声に耳を傾け現状の状況を十分踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。

輸送の安全に関する基本的な方針

  • 事業責任者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹でありそれを正しく理解して輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場において安全に関する情報収集を行い現業部長の現状を充分に踏まえつつ、全社員に対して輸送の安全確保が最も重要であるという意識の徹底を図る。
  • 会社は、輸送の安全に関する『計画の実施、確認、改善』を確実にし、安全対策を絶えず見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行するほか、絶えず輸送の安全の向上に努めていく。

輸送の安全に関する重点施策

  • 輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
  • 輸送の安全に関する費用支出及び投資を、積極的かつ効率的に行う。
  • 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な情報を伝達し、共有する。
  • 情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達し、共有する。
  • 教育、研修の具体的な計画を策定し、的確に実施する。

平成29年度 交通事故防止対策要網

基本方針
『安全で快適な交通と環境に配慮した車社会の現実』に向け、乗務員・管理者・経営者が三位一体となり実現を図る。特に、「対二輪車・自転車事故防止対策」を推進する。
スローガン
『やさしさが、走るこの街・この道路』『しっかり止まって しっかり確認』『確認、確認、再確認実現』

自動車事故対策機構による模擬監査を定期的に実施しています。

重点推進項目

  • 輸送安全マネージメントによる安全性の向上
    • 三位一体による各種事故防止対策の実施
  • 自動二輪・自転車との事故防止
    • 確実な進路変更時合図の実施
    • 死角を十分に折り込んだ運転の実施
  • 一時停止(安全の確認)による事故防止
    • 出会い頭事故の防止
  • シートベルトの正しい着用
  • 常に余裕を持った精神状態の維持
  • 心身共に健全な健康状態を保つ